土壌元気君Cr

地球は呼吸をしています。太古の昔から気の遠くなるような長い年月をかけて清らかな大気と水を、豊かな大地と森林を、そして大自然に息づく生態系を創造してきました。
しかしながら、この青い水と緑の大地、多くの生命を育む優しく逞しい星にも限りがあるということを私たちは理解しはじめています。私たちが今すべきことは、このかけがえのない
水の惑星 を美しい状態で次の世代に手渡すことです。

地球環境保全に貢献する!土壌元気君Cr
六価クロム溶出防止剤
(100%無機物 PS灰系 微粉末薬剤)

 

セメント系固化剤に添加する改良剤
※組成物及び用途特許出願・審査請求済
 
建設工事で土壌が汚染される?

怖い六価クロム 地下水がアブナイ!!

建設施工時の地盤強化や発生汚泥処理、沼地・河川のヘドロ処理には、セメント系固化材が一般的に使われています。
この材料は水和反応に起因する速やかな凝結・硬化作用〔 配合設計で、特にアルミネート相( 3 CaO・Al2O3 系固溶体 )の配合比率を高めれば、水和凝結が更に速まる。〕により、優れた固化機能を有し且つ安価ということから、建設土木用途には欠かせない材料となっています。
但し、残念な事に当セメント系固化剤には有害な六価クロム化合物が含有されています。 この六価クロム化合物は、建設工事などで土壌が汚染されと含水中で容易にイオン化(Cr6+)するので雨水に溶出し、時間の経過に伴って徐々に地下水脈に達し、広範囲に渡って地下水汚染を引き起こします。 このことから土壌・地下水の汚染に関する第二種特定有害物質に指定され、0.05 ppm以下という厳しい溶出基準値が定められているのです。
よって平成12年3月24日付の「建設省技調発第49号建設省官房技術審議官通達」で、国所管の施工に対し、セメント及びセメント系固化剤を地盤改良に使用する場合、溶出試験を実施し土壌環境基準以下であることの確認が必要となっています。既に国土交通省では、平成12年4月1日より所管の建設工事の施工にあたっては、現地土壌と使用予定の固化剤による六価クロム溶出試験を実施しています。
 

何故に特定有害物質なの?

人の健康への影響が極めて強く、毒性被害の具体例としては各所皮膚炎、臓器障害等に加えて発ガン性もあります。特に急性という点では砒素、シアンなどと同列とされています。
 

コマーシャルメッセージ

弊社では、以上に述べた 環境汚染 を防止する薬剤を開発し、商品化しました。
セメント製造業者、建設資材業者および 建設業者様 向けに 販売いたします。
 
六価クロム対応策を講じる必要はありません。今まで御使用の固化剤を 従来通り建設工事その他の広範囲な用途への使用が可能です。 商品名『Cr6+ 溶出防止剤 』のご検討を是非お願い申し上げます。
 
ご使用方法は、汎用の固化材に対して(当固化剤の六価クロム溶出量によって)1~5 % 添加混合して頂くだけで十分です。
Cr6+溶出量は、 固 化 材: 0.93 ppm → 0.005 ppm未満
             施工土壌: 0.27 ppm → 0.005 ppm未満
 
尚、詳細データその他資料のご請求は下記の連絡先まで問い合わせ下さい。
八千代水道株式会社 環境事業部 TEL:042-762-2490 FAX:042-762-2496
 

 

PAGETOP